二日目

IMGP3508農山漁村地域力発掘支援モデル事業2日目。
江別、栗山、長沼を視察しました。
栗山町のハサンベツ地区は里山環境の維持と再生によって、自然や農業をはじめとした体験学習・観察会などを行う交流の場としての活用が進められています。
5月から11月の毎月第2日曜日に活動を続けているこの地区には、かつては少なかったトンボが沢山帰ってきました。
視察中、本事業アドバイザーでコメンテーターの先生の背中にトンボがとまりました。
よほど居心地が良かったのでしょうか、10分近くとまったままで、バスに乗り込むまでとまったままだったので、逃がしてあげました。

農山漁村地域力発掘支援モデル事業地方研修会

IMGP3494農山漁村地域力発掘支援モデル事業地方研修会が札幌で行われています。
爺婆でガンバル協議会会長と一緒にAM5:30に出発して来ました。
北海道、東北から来ている方々が多かったですが、我々よりも遥かに遠い沖縄から来られた方々もいらっしゃいました。
愛知からご参加の方々は、今まで行われた全ての研修会に参加されているという事で、もちろん2月に行われた福岡での研修会にも参加されており、
「八女上陽の方ですか~。いや~その節はどうもお世話になりました。福岡の研修会が一番良かったですよ。食事も美味しかったし。」
と言って下さり、とても嬉しくなり、思い出話に花が咲きました。

ひまわり種出し

IMGP3493今日は収穫したひまわりの種を出す作業をする事になっている。
わらべの里研修センターに来てみると・・・
カビが生えてしまったものがあった。
コンクリートの上にビニールシートを敷いて、その上にドサッとひまわりが積み上げられていたので、裏返しになっているものが大半で、蒸れてしまったようだ。
まだまだ勉強しなければいけないことが山積みだ。

IMGP3489
こんな事で諦めては何も始まらない。
集まったメンバーは種出し作業に取り掛かかる。
「こりゃ時間のかかるばい。」
「コレ使ったらどげんですか?」
と、副会長が来れない代わりに無理やり借り出された副会長の息子さんが、BBQの網を持って来た。
なるほど、網にこすりつけポロポロと落とすのだ。
「お~、さすが若(わけ)もんは違うの~。」
皆が感心する。

作業は約3時間で終了した。

サダメばあちゃんのトマト

IMGP3479サダメばあちゃんのトマトのシーズンがやってきました
コレを待ってらっしゃる方、多いんですよ~。
残念ながら今季はトマトがあまりできなかったそう
ばってん、94歳現役サダメばあちゃんのトマトは、今季も、昔ながらの甘味のある美味しいトマトに成長しとります
こりぁ~早い者勝ちばい

櫨下草刈

コピー ~ IMGP3478昨年2月、矢部川をつなぐ会会員のNPO法人有明会主催で、星野に櫨を植樹しました。
しかし、その多くがつがらず、今年再度植樹をしたのです。
今日は下草刈。
ちゃんとつがっているかどうか、心配でしたが、しっかりと根を張っていて、ホッとしました。
葉っぱの何枚かは既に真っ赤に紅葉しており、今後の成長が楽しみです。
作業は残暑とはいえ、猛暑の中行われました。
山の急斜面に植えられた櫨の周りの草を、大ガマで刈っていきますが、足場が悪く、なかなか思うように作業できません。
それでも、柳川を中心に矢部川流域から集まった参加者と地元の参加者の合計は約40名。
集まってくださった皆さんに感謝です。
皆さん、お疲れ様でした!