花のジョイントコンサート

「花の輪 人の和 地域の○(わ)」花のジョイントコンサートは、「誰もが幸せに暮らせる22世紀の地域社会をめざして」を活動目的とする本会の主要事業です。身体の障がいを乗り越え演奏活動を続ける個人・団体等を迎え、コンサートを開催し、身体の障がいに関係なくIMGP3366個性のすばらしさを感じてもらい心のバリアフリーをめざします。
花のジョイントコンサートのおこりは平成9年。当時活動する中で、環境・福祉団体が共同して行える活動には「花」と「歌」という要素が必要であると気づき、ここから「花の輪・人の和・地域の○(わ)」プロジェクトが始まりました。

このプロジェクトはバリアフリー社会の実現を目指す2つの活動から成っています。

1つ目は、
毎年春に開催している「花の輪・人の和・地域の○(わ) 花の鉢上げ作業」です。これは、県立福岡魁誠高校(旧粕屋高校)の生徒さんが大切に育てた花の苗を地域のまちづくり団体をはじめとする参加者が一つ一つポットに植え替えていき、持ち帰った苗がやがて花を咲かせ、地域を飾り、豊かな環境を作ることを願って行なっている活動です。この活動の原  えるという作業を通じて、地域に住む人々がお互いを知り理解し受け入れるやさしい心を育てたいという思いがあります。

そして2つ目が「花の輪・人の和・地域の○(わ) 花のジョイントコンサート」です。本コンサートでは、障がいをもちながらも、そのハンディキャップを乗り越え、素晴らしい演奏活動を続けている皆さんにご出演いただいています。「ハンディキャップの軽重ではなく、一人一人の個性、存在の素晴らしさを知り、お互いが認めあい、助け合うことのできる真のバリアフリー社会を!」というメッセージをコンサートを通じて多くの方に伝えたいと思っています。「花」「環境」「まちづくり」「音楽」「障がい者理解」・・・どれか一つにでも関心のある方がこのコンサートに参加することで、何らかのメッセージを受け取る。それがバリアフリー社会実現への第一歩になると我々は考えます。

草刈

IMGP3353今日の草刈はいつもと違う!なんと、フランス、スペイン、チェコ、台湾、韓国そして日本の各地からと、総勢10名の若者が参加してくれたのです!
彼らはNICEのメンバーで、星野にワークキャンプへ来ているのです。
ホタルと石橋の里公園は先月草刈をしたとはいえ、この季節、草はボウボウ・・・
さあ、皆頑張るぞ!

IMGP3360

しかし、この日も蒸し暑く、作業は困難。
日本語初心者のフランス人が、「きつか」「あつか」「ねむか」と、上陽弁をしゃべるようになりました。

IMGP3361

「皆ですると早か~。」

水路の中に流れる水もきれいに見えるようになりました!

IMGP3364

夏休み、色んな過ごし方があります。
バイトを頑張る人、勉強に力を入れる人。
でも、こんな風に世界中から集まって皆でボランティア活動をするなんて、最高に素晴らしい夏休みの過ごし方ですよね。
朝から夕方まで、皆さんお疲れ様でした!
本当にありがとうございました!

ホタル水路改修

IMGP3340ホタル水路に水が上がらんごつなったけん、今日はT電気さんと大工のTさん達と一緒に水路の改修工事をしたと。
えらいムシムシして陽もさしとって、立っとるだけで汗だらだらの中の作業やったとやん。
ばってん、水が流れた時は嬉しかったにゃ~。

IMGP3347

今まではポンプを星野川に直接入れとったばってん、今度は地面に据え置いてそこからホースをのばしたたったい。大雨時や渇水時には注意が必要!

皆さんお疲れ様でした!

片付け

IMGP3367万灯流しの片付けばせやん!
ほんとは昨日のうちに全部片付けば終わらかす予定やったばってん、雨やったもんにゃ~。
牛乳パックで作った竹燈篭は雨に濡れてしもて水がそこにたまっとったけん、片付けが午前中のうちに終わらんやったとやん。
軽トラにインターン生の作った竹燈明が乗っけてあったけん、もろうて帰ったら2人とも喜んどったよ~(・∀・)

万灯流し

IMGP3290万灯流し当日。
13時半集合になっていましたが、皆気がかりだったのか13時過ぎに各団体が集まり、最終準備に取りかかりました。

14時から行われた「ドイツのゲームを英語で楽しむ!」には外国人学生12名と地元や福岡の小学生、中学生、大人も参加。
日本語をしゃべらずにドイツの4つのゲームをしたのです・・・が、ゲームはどれも走るものばかり。
皆炎天下の中、走る、走る
きゃーきゃーはしゃいで楽しみました。

IMGP3330・・・とここで、外国人学生の皆さんが昼ごはんを食べていなかった事が判明
30分休憩を挟む事となりました。
「さっきは外国のお兄さんお姉さんがドイツのゲームを教えてくれたので、今度は日本の皆さんが日本の文化を教えてあげましょう。」
小学生、中学生に灯篭の作り方を説明。
「じゃあ、頑張って教えてあげてね!」
ペアになってもらい、ジェスチャーを交えながらコミュニケーションをとりました。
中には積極的に英語で話しかける子供さんもいました

IMGP3332
鮎のつかみ取りは今年も大盛況
星野川の一角の人口密度の高い事、高い事・・・( ´_ゝ`)

上陽万灯祭・09,8,16 019
矢部川をつなぐ会では矢部川流域の特産品である線香、和蝋燭、和紙、樟脳のPRをしました。
和蝋燭の明かりはしっかりとした炎ですが、油煙も出ずゆったりと燃え、竹燈明がよりいっそう美しく見えました。

上陽万灯祭・09,8,16   016灯篭を並べる作業も終わり、灯りを付け、例年のごとく大瀬橋手前で回収作業をする為、19時15分頃に回収場所まで向かいました・・・が、ポツリ・・・ポツリ・・・、そう、なんと雨が降ってきたではありませんか!
「こりゃいかんばい!」
そしてザーザー降り・・・。
「願い事ば書いた灯篭だけ60個流すげな。」
そう連絡が入ったものの雨で更に水温が低くなった星野川になかなか入れず、とりあえず灯篭が流れてくるのを目を凝らして見ていましたが、雨で灯篭の明かりが消えてしまったので良くわかりません。
「あれと違うかね?」
「どこにき?」
「あ~来よる、来よる!」
慌てて川に入るも水が冷たいのなんのって!
「こりゃ~冷たか!!」
幸い何とか顔がでる位の水位で助かりました。

「もう終わりかね?」
「終わりじゃろ~。」
帰ろうとすると・・・
「んね、まだながれて来よる!」
再び川の中へ・・・
こんな事を3・4回繰り返し、今年の万灯流しは幕を閉じました・・・。

天候ばかりは仕方ありません。
灯篭を流す事は出来ませんでしたが、灯りを付ける事が出来ただけでも良かったのでしょう(^∀^)
皆さんお疲れ様でした

個性的な竹燈明

IMGP3282八女高校の美術部の皆さんが万灯流しの竹燈明を作って来てくれたとよ。
さすが美術部、個性的な作品やね~。
今年は協力してくださる団体が増えたけん、いつも以上に盛り上がりそうな万灯流し。
楽しみやね~

水かさが気になるばってんが・・・
雨だけはふらんでほしかにゃ~。

万灯流し

川を大切にしたいとの思いと、ふるさとの良さを見直したい…
  そんな願いを込めて手づくりの灯ろうを星野川に流します。
  川面をすべるように流れる万灯の美しさをぜひ見にきてください。
  スタッフとしての参加も大歓迎です。

  【日  時】   2009年8月16日(日) 小雨決行
14時~ 協賛イベント 夏祭り
17時~ 魚のつかみどり大会
19時30分~ 万灯流し
※雨天時は、ほたると石橋の館デッキで灯ろうの灯りを観賞します。
   
     
【会  場】  

ほたると石橋の館周辺

 / ほたると石橋の館 TEL0943-54-2150

     
【内  容】     14:00~19:00 協賛イベント 夏祭り(ゲーム、ポップコーン、他)
          みんなで灯ろうの組立作業
          灯ろうに願いごとを記入しよう。 《先着50名程度》
          ※ 願いごとを書いた灯ろうは自分で流してください。
17:00~17:30 魚のつかみ取り大会
          ◆対象者 幼児、小中学生  ◆参加無料
          ?小学生低学年以下の部 ?小学生高学年、中学生の部
          ※魚を入れる袋は各自ご持参ください。
19:30~20:00 万灯流し(500個を予定)
20:00~21:00 灯ろうは全て回収します。みんなで片付け
     
【主  催】   八女市観光協会上陽支部
     
【協  賛】   祗園堂区・公民館、生駒野区・公民館、
東川端区・公民館、西川端区・公民館、八女市上陽防火委員会、
八女市社会福祉協議会、NPO法人グラウンドワーク福岡、
矢部川をつなぐ会、他有志一同
     
【問合せ先】    八女市役所商工観光課(観光協会事務局)
TEL 0943-23-1192 / FAX 0943-23-5411
     

幟立て

IMGP3281万灯流しの準備が着々と進んでいる。
今日は上陽支所のAさんより「幟立てようと思うばってん来られるね~?」との電話があったので約束の13時半前に支所へ向かった。
支所に着くとAさんが一人もくもくと作業をしている。
「もしかして・・・二人だけですか??」と聞くと、
「もしかしてそうです。」とAさん。
という事で、2人で30本の幟を立てることになった。

雲行きが極めて怪しい。
「もうちっと待っとってもらわんといかんですね~。」
「ほんなこっちゃ。」

見覚えのある白いトラックがとまった。
星野のグラウンドワーク会員さんだった。
「助かった~!」
2人だけで立てているので気の毒で、黙って通り過ぎる事が出来なかったらしい。

3人になったので作業が大分はかどった。

万灯流し当日は楽しい企画が盛り沢山!
お近くへお越しの際は是非ご覧下さい。

竹燈明作り

コピー ~ IMGP3272万灯流しの竹燈明作りには、子供達も含め、25人位集まった。昨年も竹燈明作りに参加した子供達はドリルやジグソーを使うのもお手の物。トンボやカブトムシ、石橋や星など、思い思いに絵を描いてはくり抜いていく。
ほたると石橋の館のインターンシップ生は、今日は休みだったのだが、竹燈明作りがしたいと言って一緒に参加した。上陽のマスコットキャラクター「みどりちゃん」を作ったのだが、複雑だったので苦戦していた。それでも楽しかったようで、何個も作っていた。
二人の作品が見たい方は、16日にほたると石橋の館まで

竹の切り出し

コピー ~ IMGP3269万灯流しに向けて準備が始まった。
朝9時半から竹の切り出しへ向かう。
集まった人数は7名・・・途中から商工会会長が「どこでしよっとか~い。」との電話。参加者は8名となった。

灯篭に使うので、なるべく太いのを選んで切るも、山の斜面に密集してすくすくと成長した竹はなかなか思う方向に倒れない。
押し上げたり引き下げたり、やっとのことで地面に倒し、チェーンソーで、軽トラで運べるように適当な大きさに切って、軽トラに詰め込んでいった。
15本以上切っただろうか。そろそろ用意された2台の軽トラにも乗らなくなるので引き上げた。
作業は午後へと続く・・・。