芋まんじゅうサミット

45ac68b3.jpg

さあ、今年もやってきました「芋まんじゅうサミット」。
しか~し!天神は雪大丈夫とか~
ばってん、この悪天候の中、来て下さるお客様がおるったいね。
ほんに、ありがとうございました

それに、グラウンドワーク福岡の会員さん方がえらい一生懸命売ってくれたけん、昨年以上の売上になったったい
皆さん本当に、寒い中お疲れ様でしたありがとうございました

五ヶ瀬町視察2日目

4695887c.jpg昨夜は上陽祭の時に来て下さった方が舞うのば待っとったけん、夜中に帰ってからお風呂に入ったと。お風呂もほんに普通の家庭のお風呂やったったい。寝る時は寒いけんちゅーて、湯たんぽば一つずつ入れてもろた朝までホカホカやったよ

 

6166fc4b.jpg朝食は漬物がたっぷり
「今日は鶏がタマゴ生まんかったけん、、昨日のタマゴやけど・・・」
「十分、新鮮です

この家のマスコット「ちび(名前のわりに大きく成長・・・)」ともお別れ。「また来るけん!」

7cf3c8a3.jpg

 

その後、「夜神楽」の飾りの「えりもの」の作り方を指導して頂いて、皆で作りました。
型は明治の頃からのものを今でも使っているそう

 

a0e14f76.jpg

「ご自分の干支は何ですか~?」

「細かつは難しかばい!」
どうやらねずみが一番難しかったご様子

「年がばれるばい!」

 

714d982a.jpg

なんだかんだゆーて皆完成し、ご満悦

この後、ワイナリー工場を見学し、昼食を食べ、物産館に寄って帰ったと。
「五ヶ瀬の人達があれだけのことばしよるんやけ、俺達も頑張らにゃ~」と、皆さんそれぞれ良い刺激を受け、たくさん勉強して頂いたようです

五ヶ瀬町視察1日目

fdb17520.jpg宮崎県の五ヶ瀬町は「おかえりなさ~い」の町づくり「夕日の里」として知られとって、都市や中国、韓国の修学旅行生を農家に宿泊させる「農家民泊」の先進地なんよ。今回は、上陽の納又区の方々、爺婆でガンバル協議会メンバー、八女市職員、グラウンドワーク福岡会員・職員で、視察へ行ってきたと

 

f3912e54.jpg

13時にほたると石橋の館に集合して、五ヶ瀬に向かったとやけど、近づくにつれて雪が積もっとるったいね実は1週間前にえらい雪がふっとって、運転手さんも心配しよったばってん、チェーンを付けずにすんだけんよかった~

 

e435cdcd.jpg夕食はごく普通の田舎料理。それがいいとよね。ごちそうばっか作りよったら、いつか苦になって、こげん長く続かんもん。

その後「夜神楽」を見学したと。
一晩中舞い続けるこの伝統行事の準備や練習ときたら、そりゃ~並大抵のことやなか!

かっぽ酒の中身はなんと焼酎

 

虚空蔵さん

0fa99fc1.jpg

今日は虚空蔵さんですよ~(・∀・)

虚空蔵は、広大な宇宙のような無限の智恵と慈悲を持った菩薩、という意味で、そのため智恵や知識、記憶といった面での利益をもたらす菩薩として信仰されとって、地元では「こくぞうさん」と呼ばれて親しまれとると♪

参詣の際、福銭(5円)を預かり返り、つぎの時、願いが成就したお礼に倍にして返す慣わしがあるんよ

数え年で” 13歳 ”を迎えた少年少女が大人となったことに感謝し、これから先の万物の福徳と英知を授かるために、虚空蔵菩薩に参詣するならわしで、「知恵詣り」 「智恵もらい」とも言われとると。
参詣の帰路は、鳥居をくぐるまで、うしろを振り返らずまっすぐ境内を後にせないかんよ。せっかく授かった智恵を返さなければならないといういわれがあるけんね

冬野菜収穫祭

8bfeea1d.jpg

「さぁ~さぁ~冬野菜収穫祭、始めっぞ~。」
雪が積もらんか心配やったとばってん、そげん影響もなかし(えらい寒かったばってん)、雨も降らんかったし、よかったばい

川での水洗いはほんなこつ寒かったにゃ~
ばってん、その後のおでんと餅は、うまかったにゃ~

参加者の皆さんには、大根と高菜の間引き菜、じゃが芋をたくさんかかえて持って帰って頂きました

17日(土)10時から大根の仮漬けをするけん、また是非ご参加くださいね