北九州市ホタル水路視察

今日は上陽ほたるの会の皆さんと一緒に北九州市へホタル水路の勉強をしに来とります。
そもそも何故視察へ行くのかというと・・・

確かにホタルの数で言えば、北九州よりも圧倒的に上陽の方が多いのでしょうが、今まで当たり前のように飛んでいたので、ホタルの生態等、特に関心を持つことは少なかったのです。
しかし、九州北部豪雨により、事は一変。
当たり前のようにいたホタルがいなくなってしまうのでは・・・
皆が心配するようになりました。
そうして平成25年2月に上陽ほたるの会が立ち上がったのです。
その後、カワニナ育成の為の水路を整備したり、ホタルを飼育したりと、活動を続けていますが、
「人工水路でのホタル飼育について学びたい!」という会員さんの声もあって、
先進地である北九州市へ視察に行くことになったのです。

北九州市はかつては「灰色の町」とまで言われましたが、現在は市役所に「ホタル課」があるほど、環境に関心をもって取り組んでいる街です。

本日は、北九州市ホタルの会の会長で、全国ホタル研究会の会長を務める中村先生や北九州市ホタルの会会員さんにご案内いただきました。
5つの水路IMG_4491をご案内いただきましたが、私が一番ステキだなと感じた水路をご紹介します。

ここはグループホームですが、なんとその中にホタル水路があるんです!
この水路は元北九州市ほたる館の館長さんが作られたそうですが、水路の中にはたくさんのカワニナが!
IMG_4489

水量は少な目ですが、防水シートがしっかりと底に敷かれ、水漏れを防いでいます。
夏場に水温が上昇しないよう、水は循環させて、半分は山水を足しているとのこと。
さらに堰がいくつか設置されて水に空気が含まれるよう、工夫されていました。
水路の周りには木々が植えられていました。
IMG_4487

畑や果樹園もそばにあって、施設に入っている方々が収穫も楽しめるようになっていました。
巣箱もいくつかかけられており、自然と調和したステキな空間作りをされています。
IMG_4492

北九市の皆様、本日は大変お世話になりました。
ありがとうございました。

打越ホタル池のカワニナ

昨日アップした打越ホタル池の3隻のボートにはカワニナがわんさか
ここは山水なので冬でも水温が18℃と温かく、稚貝がたくさん生まれるという
孵化したホタルの幼虫が全滅したのはヒルのせいか、稚貝が不足していたせいか。
理由はわからないが、管理人のMさんは「今年は絶対成功させる!」と奮闘中だIMG_4360

ほたるの夜カフェ

今宵のほたるの夜カフェの出演者は「上陽コーラスあじさい」の皆様
あじさいさんの歌声は優しくて温もりがあって、何かいつも故郷を感じる響きなんですよね
月に2回の練習の際には、指揮者の先生とピアノ伴奏の先生が鹿児島から駆け付けてくださっているんですよIMG_4323

続いて、福留先生と生野先生による鍵盤ハーモニカとピアノの演奏
ご夫婦で音楽をされているってステキだな~といつも思うのです
IMG_4336

この日もたくさんのお客様にご来場いただきました
上陽産の白菜をたっぷり使ったあんかけうどん、大人気だったですね
皆様、ありがとうございました
IMG_4337