ほたるの夜カフェ

出店から帰って来て夜カフェ~
本日はなんと絵本作家の宮西達也先生の絵本読み聞かせとサイン会も開催
先生、お忙しいのにありがとうございます480012_434308363321768_1169245434_n[2]

今回発出演の笠原PTAバンド
フォークソングで会場を盛り上げてくださいました
__ (1)

あやこピアノ教室よりチェロやピアノの演奏もあり、本日もステキな夜となりました
皆様、どうもありがとうございました
_(1)

やさしい風といのちの歌コンサート

シンガーソングライターの染矢敦子さんが今年もほたると石橋の館を優しく温かい歌声で包み込みます♪

日   時:平成25年3月23日(土) 開場/14:00 開演/14:30
会   場:ほたると石橋の館 レストラン

     八女市上陽町北川内589-2
チケット:1人 500円(ドリンク・スイーツ付き) 要予約
チケット申込・お問合せ
TEL 0943-54-2150webm1[1]

植樹

八女市観光協会上陽支部では毎年この季節に桜や紅葉などを植樹しとります
今年は上陽の中学3年生と一緒にすることになったのですが、生憎の大雨
レインコート着て泥んこになって頑張ってくれました
でも忘れられない思い出となったでしょうね
卒業おめでとう581639_432966750122596_2085885488_n[1]

ジャガイモの種芋植え

爺婆でガンバル協議会では上陽でひまわりを育てる活動をしとりますが、都市との交流を深める為、今年からジャガイモを育てる事になりました
というわけで、今日は筥松より22名の方々にお越しいただき、ジャガイモの種芋植えをしとります
5月末には美味しいジャガイモがごろごろできるはず
皆さん、収穫祭にお越しくださいね541379_431293790289892_1974088237_n[1]

上陽へ行こう!バスツアー

今日は博多駅前発着のバスツアー開催日
24名の皆さんがご参加くださいました

先ずは朧大橋から紙コプターを飛ばしていただきました
風が良い感じに吹いていたので、結構遠くまで飛んでいって皆さん大喜び
子供のようにはしゃがれていた方も(笑)

続いて蕎麦打ち体験
あら、良い笑顔
525177_411743562248556_1298082393_n[2]

なつかしい教室にて八女茶のミニ教室
「結構知らないことだらけでびっくり!」
と皆さん関心されていらっしゃいました
549409_411743598915219_1617251797_n[1]

さてさて、お待ち兼ねの蕎麦定食の昼食
うどんみたいになっているグループもおったばってん(笑)、
「自分で打った蕎麦は美味しか~。」
と皆さん大変喜んでいらっしゃいました。
画面右下はイノシシの肉入りの中華まん「茶々まん」
226546_411743665581879_1390748488_n[1]

お腹もいっぱいになったので、ふるさとわらべ館を出発して2つの班に分かれて馬場水車場見学と苺大福作り体験

馬場水車場では今も尚、杉やタブを挽いて線香を作っており、テレビでもよく紹介されているんですよ
「ずっと続けてほしいです!」
と参加者の皆さんから感想をいただきました
544251_411743702248542_1849972000_n[1]

続いてほたると石橋の館であまおうの苺大福づくり体験
「はじめて作りましたが、結構簡単にできるので、家でも作ってみます!」
と言っていただきました
599024_428181050601166_330351889_n[1]

できたてホヤホヤのあまおうの苺大福でティータイム
「僕のは形が悪いな~」
とTNCのリポーターさんが言うもんやけん、
「味は変わりませんよ。」
っちフォローしたら、
「それを言っちゃ~おしめーよ」
とコメント(笑)
その模様がどうやら放送されたようです(笑)

お茶もミニ教室で習ってもらったけん、皆さんで淹れていただきました。
「4煎まで美味しくいただきました!」
と嬉しいお言葉
65505_411743862248526_1695466864_n[1]

ご参加くださいました皆様、ありがとうございました
また、是非お越しくださいね
スタッフの皆様、お疲れ様でした

臭木虫

とってもお世話になっとるおっちゃん達が、
「うまかけん食べんね。」
と、この木の中に入っている白いイモムシを満面の笑みを浮かべて差し出した。

このイモムシ、「臭木虫」といって、何でもおっちゃん達が子供の頃は「おやつ」として学校帰りに探して食べていたらしい・・・

「ひぇぇぇ~」と背筋が凍ったが、それをよそにおっちゃん達は3人がかりで臭木虫を炭火で焼き始めたからもう後には引けない。

数分後、こんがり焼けた臭木虫が皿の上に並べられた。
焼かれたとはいえ、グロテスクな姿は変わらない。
何分位この臭木虫と見つめ合っただろうか、意を決してお尻の方から少しかじってみると・・・おやっ?なんとも香ばしい。
もう一口、うまい?!
まるで焼きトウモロコシのようだ。

ここへ来ると色んなモノを食べされてくれる。
今度はどんなご馳走が出てくるのだろうか?
ドキドキするが、おっちゃん達、いつも本当にありがとうございます。
563422_427261260693145_310294017_n[1]