あたいが白虎たい

DVC00008久かぶりにでらるっちおもよったら、なーーんかピンぼけかい。「このおやじ!しっかりとらんか」 なんばいよったかじゃん、いちんちじゅうねとるくせに、裏の畑にくる鳩でも追い払わんか!せっかく植えた大豆が全部くわれたろうが、おまやなんばしょったつか? 「知らん!あっちばむいとったらいつんまにかあげんなっとったつやん!」  そりゃねとったつやろもん 「いや、その、あの、えーと、つかむっとはむずかしかつ・・・」 はぁ? バカか!誰が捕りって来いてゆうたか?おいはらえばよかったい!「なーんね そんなら簡単やん。最初からそげん言わんね」 はぁ!いつも鳥を見つけたらすぐ飛んで行くくせに、なんばしょったつか?いうてんか?「いや、その、あの、えーと、実は、相手が団体さんやったし、そげんなっとやられるかもしれんし、よわかもんいじめはいかんとおもうたし・・・・」「本当はねとったつやろうが、団体????いつも鳩は2羽でくるぜ!竹輪没収たい!!!!」竹輪は大豆ですから」 「そりゃ、SOYJOYのパクリか!」

今日は雨です

たけんこ

中を見るとこのようになっています。鍋の中にはタケンコがたくさん沈んでいます。米ぬかと唐辛子であく抜きをしています。沸騰するまで1時間ぐらいかかります。それから、また1時間は茹でます。灰汁をとりながら、一度水を継ぎ足し沸騰させるまで待ちます。そこで火を止めて冷めるまで待ちます。このような順序でやってます。 浮いている中に3センチぐらいの丸い物が見えますが、これはタケンコの円錐の部分の先だけを切り取った物が尖った部分を下にして浮いている状態です。私は「帽子タケンコ」と呼んでいます。柔らかい部分なので干し筍にするには不都合ですし、最も美味しいところなので特別扱いしています。これだけの量の筍も乾燥させるとわずかな量になります。悲しいようなうれしいような複雑な気分です。幸いに天気がよかったのでかなり乾燥しました。乾燥は波板トタンの上に並べます。こうすると効率よく乾燥することができます。

文福の日々重々仏々

9457a6a5.jpg

久しぶりに天気がよかったので山仕事に出掛けた。6時から筍ほりに行って帰ってきたのは9時だった。大鍋いっぱいの筍をお昼ご飯までにようやくゆがき終えスライスして天日干しが完了したのは2時半。うとうとしてしまい子どもとの約束をわすれてしまうところだった。山の仕事とは自然との闘いと共生の両方の役割のなかで営まれているもので、人間の身勝手な判断でときには間違うことで共生の片方に立ってることを認識するしだいである。山の仕事とは山との呼吸であるといえばわかってもらえるか?

気分転換にしてはちょっと!

cc79bc5b.jpg

気分がすぐれないので、というより気が滅入っているので気分転換のつもりで東京タワーに登ることにしました。初めて行ったので子どものようにわくわくしてしまった。病気ではないんだけれど、精神が病んでることは確かな気がする。躁鬱までは行ってないけど、近いものはある。いつからこんな精神状態になったのか?健全ではない証拠だ。桜の花びら散る中で見るタワーを美しかった。そして驚いたことに東京には田舎にない田舎の物が色々あった。それは一瞬の驚きでもあり、ためらいでもあったが、仕舞いには恐怖と感動になった。続きは後日に・・・・

みんな元気ですか?

212ab537.jpg

みなさんお久しぶりです。元気ですか?3月の終わりに絵本作家の宮西達也さんと一緒に絵本つくりをしました。とても、楽しい教室でした。参加した子ども達も精一杯頑張って素敵な絵本を作ってくれました。 ありがとう。

私はそれ以来体調を壊して、長らく休んでいました。今回、やっと復帰に到りましたので、ご報告いたします。

久木原のあるものしらべ6

久木原子ども会お蔵探検H20-2月 014久木原のあるものしらべ6 今日は三味線です。「これは私のおばあちゃんが使よらしゃったつです。」「すこし、こわれとるところもありますが直したらつかやせんじゃろか~?・・・・」 一部組み立て式になっています。皮の部分がとれています。修理をすれば使えるそうです。そのとき山口さんが「こりゃですね、猫の皮ですばい。」とみんなに言いました。みんな、ちょっと驚き状態、かわいそうという気持ちがあるのでしょう。また、猫がこのようなものに使われているといことに合点がいかないのかもしれません。山口さんのお家は昔は目明しだったそうです。十手とかあったそうなので、この日のために、探してもらいましたがついに「見つけきらんやった。」そうです。その代わりに証文を見つけたそうです。 この先、山口さん自身がお蔵探検をすることになりそうです。明日は子ども達の成果発表をするので休むかもしれません。

山野文福のヒソヒソ話62

まつり写真は12月の例祭の時 

我が家の上の神社、彦山に参拝する時、案内看板がある。そこには祀られている、神々や、イワレなどが書いてあるが、「こうばし」のことが書いてあります。コウバシとは、大麦を炒ってすりつぶして粉にしたもので、よくわからんが、はったい粉というのではなかろうか?最近、そんな大麦の粉など食ったことがないので、あやふやだが。祭りのとき、よくこの「こうばし」を食べていた。砂糖をいれるのであまい粉をたべるような物であるが、小学生1年ぐらいの記憶しかない。今は誰もコウバシなど作って食べてはいないと思うが、ネットで検索すると壱岐のほうのブログにコウバシを食べていた記事がでていました。あんまりよそではやらないことなのかな、と思いつつ、子どもの時は椿の葉っぱを隣の境垣根から取ってきて先を折ってスプーンかわりにして食べていた。これを食べると悪口を封じるとイワレが書いてある。そういえば、口の中の上側にこびりついたようになり、確かに喋りつらかった思い出がある。甘くて、こうばしい香りがしたので、コウバシという名前になったと思うが、皆さんの記憶にコウバシという食べ物がありますか?私は子どもの時重箱半分くらいのコウバシを食べたことがあります。そのせいか、人の悪口など言わなくなった。「うそばっかし」猫もそう思ってるの?

ネットで出て来るコウバシ茶は全然違います。

わらべ館ニュース

1よしながこうたくさんの読み聞かせの時間です。給食番長のあと、面白い話や変な話、ビックリする話がたくさんありました。給食番長って学校でブームになっているらしいので、先生や図書関係の人もお見えになっていました。

 

2

子ども達はどうしてか正座で聞いています。よしながさんがしゃがれた声で「膝くずしてもよかよ」といっても、なかなかくずしません。博多弁のセリフが妙に身近に感じます。「番長~」「まさおク~ン」「ブヒブヒーーー」   恥ずかしそうに読む吉永さんを熱い視線が見つめていました。

3

1時間15分のお話、お楽しみが終わり、絵本のサイン会が始まりました。一人一人の注文を聞いてテーマに沿ったイラスト番長を描いてくれます。

ちなみにわらべ館の絵本にはおぼろ大橋を歩く番長が描いてあります。

あたいが白虎たい。87

ただいま~。ありゃ!まだねとる!

またねとる

おまやどっか出て行って運動でもしてこんか?「しらんね」 きこえんふりするなー!! 「葉か邪菜か老化?案たに色々射し豆は受けんバイ」 なんていよるかさっぱりわからんぞ!まじめに八女弁ば勉強せにゃんぞ!ねこやけんちゅうて、落ちこぼれはいかんぞ![あんたも五月蝿いね。我歌り安くフランス語で誘致ゃるたい。こ源雄太と「セボン・コマンタレブ・バカジャナカロウカ?アンタニイロイロ・モンパルナス・サシズハウケンバイ」 フランス語ならおれも得意ぜ。なるほど「葉っぱを食べんと老化現象が進む。そん時はいろいろ注射やら大豆のイソフラボンをとりゃにゃんばい」 なかなかお前も良いこと言うね!「ボンボヤージュ・アンタモハエトカワラングライシェカラシカヤツヤネ・エッフェル・フランスカイワペーラペーラ」 「五月のハエのように忙しく働き過ぎて、自分で歌うのは心を安らげるためだ いいこというね。

「vaquajanai?] [vakajanaize!]

なにも文句はありません

zettaibakayan!

わらべ館ニュース

給食番長や飼育係長でおなじみの よしながこうたくさんが来館されました。とてもお若い方でビックリしました。さっそく、ちびっ子をモデルにして絵を描かれました。???イヤー!とても楽しかったです。このあと、お話と読み聞かせ、サイン会などあります。よしながこうたく