あたいが白虎たい。23

d0c0edac.jpg

『納得がいかん。もういっぺん!』 「やめてくれー」 『そう、いわさんなっちゃん、ホーら抱っこ。』 「ぐるぢい!ーー」 『じっとしとかんかー』 「ゐぬー?、ゐぬー?」 『犬?死ぬ?」  『ドサッ!!』 『あーー。ごめん。ごめん。』 「おぼえとけーよ」 『おぼえとかん』

山野文福のヒソヒソ話7

2c4d1771.jpg

今日は、鼻歌をやりながら、元気良く入ってきた。風邪がなおったんですか?と聞くと、「だいじょうぶ茶ですっかりよくなったぜー」と返ってきた。そして、聞きもしないのにこんな話をしてくれた。昨日子どもと帰る途中に工事用の看板があって、子どもが「あれはトイレの工事ばしよらすと?」ときいたらしい。館長は自慢げにこういったらしい。「工事する時は必ずトイレは要るやろ、だからまず、トイレば工事してます。作りょります。って案内してあったい。」と教えたらしい。わたしは、子どもの質問に正しく答えるべきじゃなかったのかなーと思いながら、ある、漫画を思い出した。バカボンのパパと同じレベルじゃないだろうか?と思う。そうしたら『文ちゃん!子どもも、オヤジの言うことが、こりゃおかしいぞと思えば自分で考えるさ。俺は一つの間違った見方を教えただけたい、こんな見方もできるよーってことを。」 あれが、便器だとすればどう説明するのかを実証しただけ。ごもっともと思ったが「館長は勝手に菌をつくるカテキンですね。」と言ったら蹴られた。

あたいが白虎たい。22

佐野絵葉書

「昨日で終わったつやないと?!」『気にスンナよ。』『おもしろい絵葉書ばみつけたったい。ニャーにみせちゃろーか。ほーら。』いっちょんかわいくなかやん。こりゃ、捨てにいかれよるとこやね。」『おまえにそげなこつがわかるとかいい加減なこつば言うな!』     「こりゃ、佐野洋子ちゅう人の絵葉書たい、お前も絵葉書になって少しは銭とってこい。もう、ネズミとかエコンザイムは要らんぞ」

 

ニャー絵葉書

そりゃよか考えたい。一丁う抱いてみてん。」『うだく?おまえも懐かしか言葉しっとるのう。よーし、こげんか。?どげんか?にゃー、かわいか顔せにゃんぞ!』「くるしいーー!はよ、おろさんねー」  ・・・・・・・??んーなんやこの顔は?《ご近所の敵!指名手配の悪猫ついに捕まる》じゃなかか。」「あの猫の気持ちがよーわかったばい。」それを「百聞一験(ひゃくぶんはいっけんにしかず)」という。百回聞いてもわからないが一回体験するとよくわかるちゅうこったい。」「ちーと違う語たる」

 

 

 

 

 

 

山野文福のヒソヒソ話6

fb84c551.jpg

原口館長が昼から来て何やら探しものしとる。「なんばさがしょっとですか?」「お茶たい。」「お茶はレストランにあるじゃないですか?」だいじょうぶ茶たい」あーそーいえば菅原文太さんがえらい気に入ったというあのお茶・・・・・・どうして今頃さがしているのか・・・・「病院でうがい薬ば下さい」っていうたらお茶でせんですか?お茶で充分っていわれったったい。そしたら新聞に八女市の小学校がお茶でうがいばしよるち載っとったったい。そりば読んだらカテキンが効くらしか。「文!カテキンちいうたらだいじょうぶ茶はナンバーワンぜぇー」ガサガサガサ!!!「あったー!」 「タミフルよりこれは効くぜー」館長はタミフルを服用しているらしいが「タミフルが効かん」と嘆いている「●●には薬は効かんらしいですよー」とさすがに口には出して言わなかったが、この人にはタミフルは通用せんようだ。さあ!だいじょうぶ茶で大丈夫ちゃとうまくいくか?楽しみだ。

あたいが白虎たい。21

f07b509a.jpg

おかんの悲鳴「おとーさん大変よ!--ニャーが・・・・・」 『また、なんばしょっとか?』あそこに上がって悪さをしよる。『こらーニャー!!おりらんか!』「ここははじめて登ったバイ。」 手を差し伸べて掴もうとするが逃げ惑うニャー『あーこら!じっとしとけ。叩くぞー!」「バタバタ、ぼてぼて、バタンバタン、ころころ、ピチャピチャ、」『あー!ニャーおりらんか。ーーー」 神棚に上がっている殆どのものを倒してしまった。「ばちが当たったつたい」ばちん当たるとはお前たい』 「ちょっかいを出すの好きなんです。」

山野文福のヒソヒソ話5

073d3b1d.jpg

原口館長がこの前、寝ぶりかぶりで大宰府の講演会に行き帰ってきてこんな話をしてくれた。「俺は喋るのは好きなんだが、話すのがどうも苦手なので、今度の講演会の時にはみんなによーく伝わるように本を読んで勉強しようと思った。その本は事務所の確か一番上の棚にあって、タイトルが「じょうずな話し方」って言う本だ。これをよんでポイントさえ掴んでいけばそう支離滅裂になることもなかろう。そうして講演会も2日後に迫った夜、本を手に取ろうとして驚いたらしい。本のタイトルが変わっている、「いい文章の書き方」になっていたらしい。結果は話さんでもわかろうがと支離滅裂な解説をつなぎ合わせるとこんな話だった。この講演会からアンケートが来ていたのでこっそり見た。大笑いでした。講演会に行ったのに紙飛行機とクイズばかりやってたらしい。※問題の本棚の1冊

あたいが白虎たい。20

1da7cea2.jpg

「ありゃ!?もう終わるとね?何か持ってこにゃいかんやったね。」『もってこんでんよか。猫に気をつかってもらわんでもよか。』「ばってん、それじゃいかんとよ。」『そりゃ、どげな意味かい?』「猫の習性ちゅとがあるやんね」『また、なんか企んどるね。みにくい醜性ちゅうともあるばい。』 その時子どもの声「おとーー~~さ~~ん」、なんだその溺れたような腑抜けたような驚いた声は、ネズミでも死んでおったか、それとも、サソリにでもかまれたか、にゃーの仕業にゃ驚かんぞ!『どうしたつか?』 『ふんだ!~~ 『おまえのネコやろー』

山野文福のヒソヒソ話4

e7b49cb6.jpg

原口館長がインフルエンザでダウンしているらしい。「あの人も風邪をひくんだなぁー」どんな時でもダウンしないと思っていたが、やはり歳には勝てんというやつかな。この前なんか、宮崎で2日徹夜して高速運転して福岡の講演で喋って、帰りに久留米のマル星ラーメンによって寝ぶりかぶって帰って来たらしい。帰ってきた途端、倒れるようにスタジオで眠っていた。メタボだけには気をつけた方がいいですよ。ゆっくり休んでください。館長がダウンしても木々は元気です。

あたいが白虎たい。19

6c71b172.jpgあと2回となりました。20回なんて『なーんてことなかばい』といっていた割りにはネタつくりには苦労しました。昨日は休館日でしたがインフルエンザにかかり寝込んでいるとニャーが帰ってきました。『どげんしたと?』『風邪ひいたったい』『ふーん』・・・・・・それから 寝込んでしまい虚ろウツロしていると。『ペロペロ!』『止めろーーーーーバイキンが移るじゃないかー』 案の上、私は高熱がでて午後から病院送りになりました。『エコンザイムが足らんとやないと?』要らん世話たい!』しかし、妙に焼肉とかジンギスカン鍋とか食いたいのは事実!猫の見立ては確かか?「そこの人、病の原因は食生活ぞよ。」

山野文福のヒソヒソ話3

46901474.jpg

僕は喋るのは好きなんだけれど、話すのが下手なんです。だから、出来る限り人前では話をしないようにしています。しかし、職業上どうしても子ども達の前で話をするこは避けて通れないわけです。今日も都会から付属小の4年生とやらが来た。八女茶の秘密のようなことを調べにきた。ありったけの知恵をしぼるが10%ぐらいしか話せない。あっち飛びこっち飛びしながら、あっという間45分が過ぎた。そんなに喋っていたのか、脱線がばかりで後ろめたさが残る!こどもはいいなぁー純粋で。※写真は今日の説明ボード