不思議な月に驚きです

ed391da2.jpg先日帰り際橋の上から東の山にある月を見ました。なんだかいつもと違うのでおかしいなと思いながらよーく見ると縦に長く輝いているのです。そんなはずはないと思いながら、もう一度よーく見てもやっぱり縦に長いのです。カメラ持ってなかったので、携帯でとりましたが、皆さんそう見えるでしょう。太陽がそのように見えることは聞いた事があります。確か寒さの関係だったと思うが、月もなるのかなぁと思いながら、不吉な前触れでなければいいと考えながら帰りました。

あたいが白虎たい。9

bab05332.jpg

今日は家ん人がカメラ持って行くの忘れらしたけん、昨日の写真ばのするげな!どうも、あたいはカメラはすかん。それに、今日はうまそうな藪ウグイスがおったけん、境内からでて遠くまで追いかけて行ってしもたったい。そしたら、いつんまにか、置いてけぼりにされて、帰り道がわからんごつなって、藪の中で『あたいはここバイ。』『だっでんどこにおんのー?』ち、にゃーにゃー鳴きょったら、下ん方からおとちゃんの『ニャー!』とおらびょらす声が聞こえたけん、藪のなかば急いで降りていったら階段にでたったい。おとちゃんはあたいば見つけると振り向いて帰りょさすけんあたいは『まっとかんのー』ち、泣きながら転げそうになりながら階段ば降りていったつばい。

これなあに

0bf374b9.jpg1月21日のこれなあに?の答は納豆でした。 子供の時にコタツに入れてあった記憶があります。今回、納豆つくりを初めてしました。わらつども自分で織りました。簡単でしたが出来上がった納豆はやはり感動モノでした。もったいなくて食べられない。1粒1粒を噛み締めながらスプーン1杯だけ頂きました。素晴らしい体験をアリガトウ。

あたいが白虎たい。8

1-24待機中

『お参りのあいだわっさい、だいたいここら辺でまっる。爪とぎばすーかなぁ。 そりばってん、バリバリ音ば出すと睨まれるもん。お利口ーにしとかんと竹輪もらいださんかもしれん。だまーとっこっと』           『あーやっと終わったたい。』

 

1-24あっぷ  『そげなとこに隠れてだまそーとしたっちゃミエミエばい。』

『なんば隠れとっとね!』

 

 

 

 

1-24お見送り『帰りの見送りはここからばい』 右によりすぎとる?  『あなた達が左に寄り過ぎとっとじゃなか?その日の気分ばい。』

『あなたたちに 御加護がありますよーに、そして あたいの夕食においしい竹輪がでますよーに』

 

あたいが白虎たい。7

追い抜くな

いつも後から付いてくるのに今日は追い抜いていきました。『まっとかれん』。そう言われているのかも。登ってはこちらを振り向き様子を伺う。追い越せば抜き返して様子を伺う。一緒のようでありながら別行動。途中の獣道までくると道草状態となります。何かの気配でもあるのか、それとも匂いがするのか、興奮状態でウロウロしています。当然おいてけぼりですのであとからダッシュで登ってきます。見えなくなると『ニャーゴー』と低音を響かせてさがしています。そこにいるとわかっているくせに付いてこようとしない。呼んでほしいのです。   『にゃーおいていくぞ』

珍しく付いてきました

珍しくショートカットせずに後を付いてきました。

私としては出迎えてもらった方がうれしいのですが、命令しても従わないし、気ままな行動をとるのがネコでしょうから付いてくるというだけで良しとしましょう。

『付いてきてやりょっとバイ』

『ああーおいしい竹輪がたべたいなぁ』

 

ここからみてます。今日はここから見送りです。 別にどこという決まった場所はないようですがここら辺が多いようです。

じっと見送る時もあれば今日のように何か獲物を狙ってよそ見している時もあります。             『野生に目覚めとっと。いつでん、狩猟する感覚ば磨いとかんとエコンザイム食べたい時に食べられんもん』ネコとかライオンが真っ先に食べるのは内臓らしいキャットフードでは補なえないエコンザイムをとるためだと本に書いてあった。お願いだから食べるなら外で食べてきて。畳の上で食べ散らかさないで。『ネズミにも聞いてみらんとわからん。』聞かんたっちゃよか!!!