おはようございます。なんしょるの。

四海アップ

『やい。ちょいとまたんの。おかしかこつば、いまゆーたね。おっちゃんげん店は風情があるちゃどげなこつか?』『でんとうもある、歴史は50年ちあるばってん、こげなみせにゃ風情やらなかばい。』 おもてにゃ電灯はついとらんごたるばってんか、歴史はあるの。おれが風情があるち感じるのは店が閉まっているときたい。これがなんとも言われん寂しさがかもしだしとるったい。『おまや、ねぼけとるとか!そりゃ!おまや、おっちゃんげん店がボロちいよるとか?』 ボロちゃいよらんやんの、風情があるちいよっとやけん。 『昔は木の戸口やったつぞ。今はサッシにかえとる、こげなつぁ風情ちいわん。ハイカラちいうったい。』 ハイカラちゃ よう意味んわからんがのー。『おまや、がっこいっとるわりには、頭んわるかね』    ガーン!!!!

 茂信《おはようございます。なんしょるの?》 あら、茂信おっちゃん。!!おっちゃんな?どこさんいきょるの?《あたしの?あたしゃ今しめじばもっていきょっとこたい。なんか、おもしろかこつでんありょるかの?》 いやーこの店はよか店ちほめよったつですよ。『よか店ちゃいわんやったぞ。ボロちいよったじゃろが。』風情があるちいうったったい。《はっはっはっ風情ちゃよういうたもんの。》 《こん店はこん仏尾地区にはなくてはならんけんの》 そうじゃろか?だっでんコンビニにいきょらすばってんか。『ぼんくらが。そげなこつもわからんとか。なんのためがっこに行ったつかわからんじゃんか!』 げげげげげっ。またがられた。おれもわらべ館さんいこーっ。おっちゃーんまってくれんのーー。

和訳:おい、ちょっとまちなさい。今何かおかしなことをいったようだ。おっちゃん方の店が風情があるとはどういう意味かね?でんとうや歴史は五十年もあるけれども、この店には風情はないとおもうがね。でんとうはおもての入口にはついてないような気がするが、歴史は確かにあるね。おれが風情があると感じる時は店が閉まっているときです。これが、なんともいわれない寂しさをかもしだしているんですよ。お前は、寝ぼけているのではないか、それはおっちゃん方の店がボロといっているのかね。誰もボロとはいっていないじゃないですか?風情があるといっているのですよ。 昔は木の戸口だったけど、今はサッシにかえてぐっと近代的流行の店になったじゃないか。ボロじゃないぞ。流行りたい。流行。ハイカラと言う言葉は今の若い人には意味がつたわりませんがね。おまえは学校に行ったわりには頭のわるいようだね。どうせ勉強してなかったのだろう。ががががーん。

おはようございます。なにをしていますか?あら、茂信おっちゃん。おっちゃんはどこにいってあるのですか?わたしですか?私はしめじをもって納品にいっているところです。何かおもしろいことでもあっているのですか?いやーこの店は良い店だと褒めているのです。良い店とはいわなかったじゃないか?ボロといったではないか。風情があるといったのです。はっハっハっ風情とはうまい表現をしましたね。この店はこの仏尾地区にはなくてはならない店ですよ。えー本当にそうですか?誰でも車でコンビにまで買い物にいっているじゃないですか?この、ぼんくらがそんくらいなコツもわからんとか、何のために学校にいったのかわからないじゃないか。 げげげげげげーーーーーまた。しかられた。俺もわらべ館に行こう。茂信おっちゃーーん。まってくださーーーい。

11月になったばい

四海挨拶『まごまごしょったけん11月になったろうが。』『こげんやって水ば井川から、汲んできょった話はしたかの?』 したばい。がっこからけーてきたら、はしりぐっちょでいきょったたい。』それもきいたごたる。おっちゃんそん後のガラスに貼っちょるラベルは何の『こりゃ、上陽町商店会組合のシールたい。上陽町ん店はどっでんはっとらす。』『こりば貼ちゃるとこは、がんばりょるちゅうこったい。そげんかいちゃろがー』『おっちゃんも、もう何年になるかのー!。五十年はしとるばい。』 おれが中学生のとき自転車でのぼってきて、どっか、ここらへんの店でくじば引いたことば覚えとる。自転車は砂利道ば登ってきたけんパンクしたもん。そりけ友達んところにおいてかえったったい。そりゃ、うちん店たい。そんころは店が3げんあったばってんくじやらおいとっとこは、おっちゃんげだけやった。全盛期やったばいそんころは。』

シールおっちゃんのごたる店は貴重ばい。ここまで風情のある店もなかなかなかろー。『なんでん、売っとるけんのオッチャンげにゃ!!はっ。はっ。はっーー』 今んコンビにの縮図んごたる店ばい。『そんシールにゃ、がんばる久間四海商店て、かいちゃなかかね?』 そげなこつはかいちゃなか!

和訳:おまえがまごまごしていたので、11月になってしまったじゃないか!こうやって井川から水を汲んで来ていた話はしただろうか?したよ。学校から帰ってきて走って水を汲みにいっていたことは話たかね?それも、きいたようです。オッチャンの後に貼ってあるシールは何ですか?これは上陽町の商工会のシールでこのシールの貼ってある店は頑張っているという証拠なんだよ。そういうふうに、書いてないかい?もう店を始めて五十年はすぎたと思う。僕が中学生の時自転車で登ってきてどこかここら辺でクジを引いたことを憶えています。自転車は砂利道だったのでパンクしました。だから友達の家において帰りました。それはオッチャンの店だよ。その頃は店がこの地域にも3軒あったけど、クジとか置いている店は自分のところしかなかったんだよ。その頃は全盛期だったなぁー」   オッチャンのような店は貴重ですね。ここまで風情のある店はなかなかあるもんじゃないですよ。『なんでも売っているからね。うちの店は。はっ。はっ。はっ。』 今の時代のコンビの縮図ようなものですね。「そのシールには頑張る久間四海商店とかいてないかね?』 そういうことは書いてありません

カプラ積木

55ebddf9.jpg久留米の信愛学園の幼稚園のバザー祭で、カプラ積木をしました。普段から指先を使った体験を積極的に取り入れているそうで、これなんかも子どもだけで積み上げたんですよ。すごいでしょう。80人×3回入れ代わりでで体験しまいた。あちこちにいい形が積み上がりました。大勢の人数で、たくさんの積木(今回はなんと、15400枚)をつかってやると楽しさ倍増ですね。

子供をサボートしつつ、しっかり自分がはまっていたお父さん・お母さんに 拍手。こどもたちはちゃ~んと親の頑張る姿を見つめていましたよ。

おっちゃんにはかなわん

f1a5386c.jpg『そりけん、おっちゃんばださにゃんばいっていうたろうが!』 『まーいっぺん ださにゃんばいち、あげんいうとったろうーが。』 『はよ!はよ!おっちゃんがいうてきかせたこつばかかんない。』・・・・・・・・・・執筆中・・・・・・・・・・・・・『久間四海商店にも くっごつかいとかにゃんばい。』  祭りん宣伝ばせやんですもん。 『祭りはほったらかしとったっちゃ こらすけん心配せんでんよか。』

和訳:それだから。おっちゃんを登場させなさいと言っていたでしょう?。もう、一回登場させなさいと、あれほど言っといたでしょうが、早く、早くおっちゃんが話して聞かせたことを書きなさい。・・・執筆中・・・おっちゃんの店  久間四海商店にも来るように書いときなさい。まつりの宣伝をしなければなりません。「祭りは放っておいてもお客がくるから心配しなくてもいい」

『やっとあんたもかえってきたごたるの。』おっちゃんなんで四海ち名前ば付けらしたつの?太平洋・大西洋・インド洋・もういっちょはどこやろか『なんばすらごついよっとか。んーなら、あたしが名前の由来ば教えちゃるたい』『四海』ちゃよか名前やろがの、こりはっさい、あたしげん親父がの、戦争にいっとらした時えらいよか上司ん人のおらしたげなたい。なんばするでんよか、とにかくよか兵隊さんちゅうか、素晴らしか兵隊さんやったけん、「あー俺も国にかえってもし男ん子ができたなら、四海ちつくるぞ。」っち思いながらかえってこらしゃったげなたい。そしたら、みごとんこつこげな立派な男ん子がうまれたったい。由緒正しき名前バイ。』はっはーーー!!(敬礼)ちょっと久留米さんいかにゃいかんごつなったけんまたくるたい。おっちゃんないつでん店におっぞ。ちゃーんとかいもんにくっごつゆうとかにゃんぞ!!』はっはーーー!!敬礼

和訳:やっとお前もかえってきたか。オッチャンはどうして四海という名前をつけてもらったのですか?太平洋・大西洋・インド洋ともう一つはなんでしたっけ?どうしてデタラメなことを言うのか・それなら私の名前の由来を教えてやろう。四海という名前は良い名前だろうそう思わんか。これは私の父が戦争に行ったときに上司の兵隊さんにとても素晴らしい四海という名前の人がいて、何をさせてもすごい、すばらしいので、父は「わたしもふるさとに帰ってもし、男の子を授かったなら四海という名前をつけよう」とおもいながら日本にかえってきた。そしたら、本当に立派な男の子が生まれたのです。ありがたい由緒の正しい名前をつけてもらったのです。はっはーーー!!(敬礼)ちょっと今から久留米に出かけなければならないので、又きます。『私はいつでも店にいますよ。必ず、買い物に来るようにみんな言っときなさい。』はっはーーー!!!敬礼

さあ頑張ろう。おっどんの仏尾まるごと博物館

b73843bc.jpg11月の5日(ごんちんひ)に、しもやま祭りんあるバイ。餅つきや、かずら籠つくり、芋まんじゅうつくりとコンニャクつくり、里山散策などばするばい。だっでんこんの。そりと、今回は秋祭りのイベントとして七輪をならべて網焼きのコーナーもつくったばい。あーそりから、お茶の銘柄あてもある。農産物や、地元のオバシャンドンの店もでるけんの。

さあ頑張ろう。おっどんの仏尾まるごと博物館

関夫アップさあさあ、きょうからのKOシリーズの続編としてこん仏尾ん地元にあるもんば紹介する取り組みたい。まず、最初は馬場関夫オッチャン。いま、取材から帰ってきたとこですたい。まっとかんのーーー。 ////////////時間経過。さて、こん、関夫おっちゃんな日本名手・名人100選の1人たい。すごかろー。400人の中から選ばれた名手ですたい。「何でえらばれとらすとか?」って。林業たい。山の仕事人たい。今日もっさい、県から、視察研修にきとらしたけん、おじゃまして枝打ちばみせてもろたったい。だいたい、おっちゃんのもっとらす鎌は特注品げな。自分が考え出してそりば鍛冶屋につくってもらよらすげな。『1年でしまゆるけん毎年新らしかつばつくらせよっとぞ!』とおっちゃんの言葉。『馬場ちゅう刻印も、うちょる。研修生もみんなこん鎌ばつかよる。こっじゃなかときれんたい。』 どこがちがうとですか?『そりゃのここんところたい。・・・・・・・・あとは秘密・・・・』 さわってみると切れ味は鋭い。指に当たる感触がしっとりしている。(表現がむずかしかつったい。) 身長も1m80はあろうかというがっちりした腹のでとるおっちゃんばってん身軽かこつ。植えてから14,5年は枝打ちにかかってそれから、間伐してふとらかして、やっと30年ぐらいするときらるる。そりばってか、無節の柱ができるけん、オッチャンげの柱は京都に出荷されよるとです。んーすごかー!!続編はまた書くタイ。ちょいと鎌ばとがにゃんけんいそがしか。

積木ショー

11月3日(祝)   わらべ祭り    1日目    積木フェスタ

積木ショー

世界最高の「ネフ積木」きれいな色、デザイン、は、つかむ積み上げるだけでなく、子どもの構成力や集中力を引き出してくれる。 そして なんといっても楽しいのだから、ほおっておいても繰り返しやりたくなる。

まさに 理由あるおもちゃの代表!!

 

積木ショー

積木おじさんこと相沢康夫が見せる積み上げテクニックは本当に、すごい!!   色・形・音の変化は 見る人の目と心を釘づけにする。

ショーのあとは、子どもたちには「ネフ」で遊んでもらいながら、大人の皆さんは

                              相沢の『おもちゃトーク』を楽しんで下さい。

 

   参加費:500円(子どものみ)     定員:100名    

ただいま受付中!!

不思議な1本指の意味にKOです

6b86151d.jpg

やっと最終回の15ラウンドをが来たバイ。待たせたのー四海おっちゃん。「おっちゃんそん1本指びゃなんばしょっとの?なんの意味の?」 『こりゃっさい・・・・・・・執筆中・・・・・午後から出張なので夜までにはなんとかUPせにゃん。まっとかんの。\\\\\\\\\\

かえって来たバイ。えーとなんやったかの?そうそう「おっちゃん!その指びゃなんの意味ばしょっとの?」『おまいがあんまりかえってこんけん何ばいよーてすっとか忘れたったい。!!』『あげん、毎日んごつおっちゃにもしゃべらせんかいちいよったろうが。!迎えが来たらどげんすっとか。』『こりゃ!1本ちゅう意味じゃなかっつ。!こん棒は何かしちょるか?あすこん井川からおっちゃんな、こーまかじぶんからこいで水ばいなてきょったっぞ。そんときん、《いない棒》たい。あすこん井川ちゅうて指で教えてやったったい。』 『がっこからけーてきたらはしりぐっちょでいきょったばい。』『両方に水桶ばさげて風呂にいれよったっぞ。!!』「いまでんいないきっとの?」 『いないきるっさい。!!どっか桶んさがっとらんやったろか?』 「よか。よか。せんでんよかけん。怪我すっばい。いない棒がいたい棒になっといかんけん。せんでよかよか。さがさんでんよか。」 『なーしてや、まだ、そんくらいの元気はおっちゃんでんあっぞ。あすこん井川でむかしはの、盆と正月にふーとか石臼で大豆ば挽いてっさい、豆腐ばみんな出てから作りょらしたもんの。そん豆腐ばの榎ん葉っぱやったち思うばって、包んでの焼くとえらいうまかったもんの。今は店にいきゃ豆腐んあっけん、そげなこつはのうなったばってんもう一遍くうてみたかのーー。』 はい終わりー。

『なんてや。?もうしまゆっとか?もういっぺんださんにゃんばい。おっちゃんなまーだいっぺ話さにゃんこつんあるけんの よかか?店にもかいもんに来っごついよったっちかいとってくれ。』

元気に働く人を紹介する元気の出る出た仏尾通信。最終15ラウンド終了です。