あたいが白虎たい。7

追い抜くな

いつも後から付いてくるのに今日は追い抜いていきました。『まっとかれん』。そう言われているのかも。登ってはこちらを振り向き様子を伺う。追い越せば抜き返して様子を伺う。一緒のようでありながら別行動。途中の獣道までくると道草状態となります。何かの気配でもあるのか、それとも匂いがするのか、興奮状態でウロウロしています。当然おいてけぼりですのであとからダッシュで登ってきます。見えなくなると『ニャーゴー』と低音を響かせてさがしています。そこにいるとわかっているくせに付いてこようとしない。呼んでほしいのです。   『にゃーおいていくぞ』

珍しく付いてきました

珍しくショートカットせずに後を付いてきました。

私としては出迎えてもらった方がうれしいのですが、命令しても従わないし、気ままな行動をとるのがネコでしょうから付いてくるというだけで良しとしましょう。

『付いてきてやりょっとバイ』

『ああーおいしい竹輪がたべたいなぁ』

 

ここからみてます。今日はここから見送りです。 別にどこという決まった場所はないようですがここら辺が多いようです。

じっと見送る時もあれば今日のように何か獲物を狙ってよそ見している時もあります。             『野生に目覚めとっと。いつでん、狩猟する感覚ば磨いとかんとエコンザイム食べたい時に食べられんもん』ネコとかライオンが真っ先に食べるのは内臓らしいキャットフードでは補なえないエコンザイムをとるためだと本に書いてあった。お願いだから食べるなら外で食べてきて。畳の上で食べ散らかさないで。『ネズミにも聞いてみらんとわからん。』聞かんたっちゃよか!!!             

何か合わんとやなか?

75886eb3.jpg

わらべ館から外を見ると廃校になった小学校が見えます。おぼろ大橋もみえます。今そこの小学校のグランドにAUのアンテナがたてられています。電波状況が良くなり圏外でなくなるのは大変有難いことだとおもう。しかし、何か合わんのやなか?何も考えていない行政の人が便利のために許可を出したとしか考えられない。どうしてもここでなくてもよかったんじゃない。ここは展望だけが見所です。台無しになってしまいました。その点ドコモはしっかりしていました。味方をするつもりはありません。ドコモはこちら側にアンテナ立ててくれました。AUにはがっくり。行政にもがっくりです。3年も地域の景観つくりをやってきたのにアンテナにはがっかりさせられます。

誰かいい方法教えてください。

 

あたいが白虎たい。3

雨の出迎え

今日は朝から雨がふりょっと。こんなときは休めばよかろうに、無理してのぼらんたっちゃよか。そういいながら付いて来てしまった。傘がさせんあたいのことも少しは考えてくれーんね。寒かつばい。

 

たいくつしのぎ

お参りの最中は何もすることがないので爪とぎたい。

 

 

 

はい!ポーズ!帰りは先回りして皆様の幸せを祈ります。『ブログをご覧の皆さんも健康で幸せになられますように。』

そこの少年願い事は何かな?

「何?何?ふむふむ!そりゃ欲張りちゅうもんじゃろ。そりゃ願い事じゃなくて、自分の頑張り次第でどうにでもなる。願いごとする前に努力しなさい。耕してこそ花が咲くぞ。

あたいが白虎たい。

朝の散歩あたいが白虎(びゃっこ)たい。名前はニャーらしい。かれこれ2年ぐらいこん家ん人ば世話しとる。今ん流行りの癒したい。ぎゅーって抱きしめられて、気持ちの良さそうーな顔をしてやるだけで、おいしかご飯ばもらわるる。車の音がしたら窓から顔ば出して背伸びをしながら甘えた声ばだす。『ニャーニャー』って鳴いてやると『お帰り!』と聞こえるらしか。これも生活の知恵たい。

ここ1カ月前から退屈しのぎに朝の神社参拝についていくことにしたったい。ながーか石段ば『はぁはぁ」言いながら登っていく家族のそばをつかず離れず周りの獣道に注意しながら登っていくと。

お出迎え家族は脇道から本殿に入らすばってん、あたしは石段ば駆け上がって先に着いて、出迎えばすると。左側の木の陰に隠れて上がってくるのをまっとっと。

たまには脅かしたりもするばってん「バレバレ」って言われながら、反対に脅かされると。そげな時は噛み付いてやるったい。WクリックするとあたいのUP!

見送りお参りが終わり家族は脇道を帰るとばってん、あたしはこの石段ば下りて先回りして待っとると。『なして家ん人達もこの石段ば降りらんか?』って?ここから下はなかと。途中に車道ば作ったけん石段がきれたったい。

あたしはここから家ん人たちが無事通ったら崖を駆け下りて後を付いていくと。「ニャーは偉いねー」って言われながら、付かず離れず家族の健康をお祈りしよるとよ。ちょっとお父さん!フラッシュはたかんでほしいかね。あたしの目が光って折角の美人がウルトラマンの怪獣のようになろうが。わからんかね毎日登りょって!