ほたるの夜カフェ

今宵のほたるの夜カフェは50名のお客様にお越しいただきました
歌に太鼓にフラメンコになんとも贅沢な夜でした

先ずは、木下晴菜さん
ほたるの夜カフェではすっかりお馴染みとなりました画像 002

続いて、和太鼓童衆さん
この距離感がたまらん
迫力満点の楽しい演奏で思わず体が動いてしまいます
556767_499234453495825_2108459916_n[2]

そして、そして、納又のヨシエさん
力強い演歌を3曲歌っていただきました
画像 032

ラストを飾ってくださったのは、ラス・ホージャ・フラメンカのお2人
美しい舞いに皆さん釘付け
9月15日の「わらべの森の観月会」ではなんと生演奏付きでご出演いただくことになっておりますので、皆様、是非、ふるさとわらべ館へお越しください
画像 035

今宵も皆様のお蔭でステキな夜となりました
お越し下さった皆様、ありがとうございました
スタッフの皆様、イベントが重なり大変長い一日でしたが、お疲れ様でした

高校生、名前も告げず、ゴミ清掃

今朝みどりちゃんが出勤すると、駐車場に大量のゴミが!
また川遊びに来たお客さんが捨てて帰ったとやろーっち思って近寄ってみると、ゴミの上にダンボールに書かれた置手紙がありました。
「つり橋の下の川でゴミをひろいましたのでおいています あとの処分お願します byオカレモン」

この時期、川遊びに来られた一部のマナーの悪い方々がゴミを放置して帰るので、星野川はゴミが散乱していました。

「粋な事をする人がいるもんだな。」と感心してゴミの分別作業をしていると、どこからともなく高校生位の男の子達が5人位現れて、
「僕達も手伝うよ。」と。
それからしばらく一緒に分別作業をしました。

きっとこの子達が拾ってくれたのだろうと内心思っていると、
「あ~朝からゴミ集めるの大変だった~。」
と、1人の男の子ポロッともらしました。
「お前、言うなっちゆーたろーが!」
と、リーダー格の男の子が声を上げ、
「やっぱりあんた達やったとね。」

お礼にジュースをあげても受け取らず、名前を聞いても教えてくれないまま、少し席を外したすきにいなくなってしまいました。

数日後、この心温まるニュースはFM八女で放送され、西日本新聞の記事にも掲載していただきました。
オカレモンさん、ありがとう!!1146576_501825519903385_546420054_n[2]

ひまわり応援隊キャンプ

今年もやって来ました。
ひまわり応援隊キャンプ
雨が降ることはわかっているが、それでもテントは張りたかもんね画像 006

夕食は究極のディナーカレー
画像 010

飯盒で炊いたご飯おいしかろー
画像 018

できあがり~
いただきま~す
画像 019

キャンプファイヤー
1238772_506018589484078_1798474879_n[1]

その後、中々寝るはずもなく・・・気付けば朝に(笑)
生憎のお天気でひまわりの種まきができませんでした

朝食後は虫あてクイズ
画像 042

その後、自然観察をして、わらべ館でアイスクリームを作りました
昼食は特製チキンバーガーを作って食べました
画像 050

皆様、お疲れ様でした

馬場水車場見学

今日はわくドキ探検キッズで馬場水車場に行ったとよ

昔はこの地域に40軒以上もの線香水車が稼動しとったばってん、現在現役で働いているのは馬場水車場、一軒のみ。
1918年に横山村八重谷区(現在の八女市上陽町上横山)の有志21名が2,360円(現在の金額に換算すると約6,000万円)を出資し、井堰と水路、水車場を完成させました
それを先代が敷地ごと買い受け、現在は二代目の馬場猛さん。
木製水車の寿命は20年。
馬場さんは還暦を間近に控えながら水車場の継続を決意し、平成20年10月に再建しました
人、暮らし、技術、自然、様々なものが繋がって、現在の馬場水車場があるのです

ゴットン、ゴットン、間近で見るとすごい迫力画像 015

自然の力を利用して回る今も尚現役の水車
一日に約800㎏の杉葉を製粉する事ができるとよ
画像 024

杉とタブのみを原料とした線香を作りました
色んな形ができたとよ
画像 043