犬小屋?

IMGP6119「ちょっと一人じゃかかえきらんごつあるけんかせいしてくれんの?」
大工のTさんが何やら木製の大きな犬小屋のようなものをトラックに積んでやって来た。

これは石窯の型でこのまわりに耐火煉瓦を積んで、最後に中に火を入れて木の型を焼くと石窯が完成するという仕組みになっている。
ほたると石橋の館に設置してほしかったが福岡盲学校に持って行って子供達と一緒に石窯作りをすることになっている。
皆で作って食べる石窯パンはさぞ美味しかろ

洗玉橋の要石

IMGP6060今日はIクレーンさんと一緒に洗玉橋に来とります。
なぜ来たかというと・・・
要石に彫られた文字を和紙にうつす為です。

クレーンから吊り下げられて猪の檻の中で揺られているのは館長です。

「5分で終わるばい。」

結構揺れとるよ

IMGP6081先ず、洗玉橋にはびこったツタをとり、掃除しました。
続いて要石に和紙を貼り付け、黒板消しに墨汁を湿らせ、表面を丁寧にこすり、乾かないように霧吹きをしながら作業する事30分。突然「あ!」という声が・・・?!

黒板消しが川へ落ちてしまったのです。
黒板消しは星野川をゆっくりと流れていきました
「1時間後にほたると石橋の館に流れ着くかも・・・大瀬堰で拾おい

IMGP6084立派な拓本が完成です。

5分で終わるはずだったばってん(笑)

肥後上益城 八代種山
棟梁 橋本勘五郎
倅 源平
孫 為八
矢部吹上兄弟橋
と、彫られてありました

拓本は館で見ることが出来ます
今後も青年部の活躍に期待