奥八女上陽新茶まつり

IMGP4517本日より5日まで、ほたると石橋の館にて「奥八女上陽新茶まつり」が開催されております。
例年より茶摘みの時期が遅れている関係で、出ているお茶の数は少ないですが、デッキに設置されたテーブルの上には出来立てほやほやの新茶が並び、「新茶試飲即売会」が行われています。
今年の新茶がどんなお茶に仕上がっているか、皆様是非お試し下さい

奥八女上陽新茶まつり

奥八女上陽新茶まつり

   
◆新茶試飲即売会   5月1日(土)~5日(水・祝) 各日10:00~
◆茶摘体験in上陽   5月2日(日) 10:00集合 14:00頃解散
集合場所: ほたると石橋の館
参加料 : 大人2,500円 子供1,500円
※参加料には昼食代が含まれます。
摘んだ茶葉は加工し、後日100g平袋を郵送致します。
(お子様にはお茶のかわりにソフトクリームをプレゼント!)
◆釜炒り茶パフォーマンス   5月4日(火・祝) 13:00~

上陽で料理の鉄目指し磨専科

IMGP4375

「上陽で料理の鉄人目指し磨専科」と銘打って4月17日(土)に福岡市近郊の住民と八女市上陽町の住民との交流会が納又公民館で行われました。

一同は先ず地元住民と一緒に山に入り、筍、ワラビ、ゼンマイ、タラの芽、フキ、ノビル等の山菜を収穫。昼食に上陽米のおにぎりと漬物を食べた後、持ち帰った食材を使って思い思いの料理を作りました。

定番のタラの芽の天ぷらはもちろん、ノビルは酢味噌和えに変身。子供達は地元で収穫した小麦粉や野菜を使ってパンとピザ作りに挑戦。その他、焼き筍等、素材を活かした料理がズラリとテーブルに並び、賑やかな交流会が開催されました。

「山の幸は新鮮でとても美味しいです。こんな高級食材は都市に住んでいると中々食べることが出来ません。」と、参加者は

山菜料理に舌鼓。お土産を沢山抱え、笑顔で帰られました。

納又区は少子高齢化が進む中山間地ですが、こうした都市との交流を通じ、地域活性化につながる事を願います。

レストラン爺婆で頑張っ亭ます

IMGP4353ほたると石橋の館に昨年8月から本格オープンしたレストラン「爺婆で頑張っ亭ます」では春らしさいっぱいの稲荷寿司を販売しとるよ
気候も良いこの季節、上陽の春の風景を見ながら召し上がれ

レストランの営業は土・日・祝日
11:00~15:00
平日のご予約も承ります。