どげん?こげん?そげん?8

d6445ba8.jpg

雪が降っています。大宰府付近はもっとふっているそうです。昨日みぞれのなかを大野城まで出て行き内田麟太朗氏の講演会を聞きに行きました。タイトルは「最近の本」というものでしたが、最近だされた「ぼく生まれたんだよ」をもとにして人権の話をされました。内田氏の人権に対する思いを生い立ちの中から色々はなされました。かなり重たいものでしたが、これらの経験がつかみどころのない奥深さをかもし出しているのでしょうか?あえて自分をさらけ出す事をしないことの一因になっているのでしょうか?いずれにしても明晰な方です。また、絵本の制作においてのアイデアソースの現れ方などとてもおもしろいものでした。この講演会を聴いて絵本を書いてみたいと思った方は自分だけではないと思いますが・・・・最後は岬の詩で締めくくられましたが、この優柔不断なところがきっと脳みソースにつながっていいるのだと確信した次第。寒い!寒い!

どげん?こげん?そげん?7

dsdsの記事にいくつかコメントを頂きました。現在ゆうポンはds取り上げ中です。(理由は剣道をなめたからです。剣道を相手をなめた試合をしたからです。それが全てに通じていると感じたので没収です)時間を決めて(30分)やっていましたがルールを守れないようでしたら仕方ありません。「30分は短い。かわいそう。せめて45分」という御意見もありましたが、あれは長くするものではないと思います。何か別の人格になっているのではないかと思うほどです。この1週間ほど宿題が終わるとゆうポンは釣りの本を広げて魚のイラストと仕掛け、釣れる場所のイラストなどを丁寧に書き写しています。釣りが好きなので、楽しそうにやっています。時間の過ごし方で人生も変わると思いますが、dsを取り上げようとは思っていません。dsも必要でしょう。夕食後二人で話し合いをしました。結果は朝目が覚めて食事の始まるまでの時間にすることになりました。やりたければ宿題を済ませ、学校の準備をして、制服を準備して置いて寝る。お母さんの目覚ましで一緒に起きたらいいじゃん!・・・・・これがどのような結果になるかは分かりませんが学校から帰ってきて、宿題に、スポーツに、塾に、忙しい時間をやりくりして行く中で残された時間は朝のひと時しかないような気がします。この時間をそのことに使うのはもったいないけどとりあえずやってみます。 難しい世の中というか教育環境というかメディア環境になりました。

宮西達也さんとの絵本作り2

929faea9.jpg2日目のお昼ご飯。

なつかしい食器を使ったなつかしい給食です。

カレーうどん

コールスロー

牛乳

みかん

あとで焼きたての食パンも用意しました。

野菜を残す子が結構いましたが・・・

 

 


da89de7c.jpg本が完成して宮西先生に読んでもらいました。

今年もまたみんなおもしろい絵本を作ってましたね。

仕掛け絵本で結構すごいです。

どげん?こげん?そげん?5

『一生けんめいせにゃんたい』『真剣にせにゃんぞ!』こげな言葉で締めくくりたくはなかったばってん、ついに春雷がおちてしもうた。そもそも素をたどれば買ってやった親というより俺の責任ばってんか、あまりに情けない侑ポンばみながら、感情むき出しで怒ってしもうた。勉強や生活の中心がずれてしもうてゲームに腰掛けたような学習態度。時間を決めてもずるずると長引く態度。勉強がいい加減でゲームに熱中する馬鹿さ。『もういい加減にしろ!ーー!!!いつまでしょっとか?ゲームばっかりしてどげんすっとか?』頭に血がのぼり、『学校なんかいかんでよか!-----!!!』勉強なんかせんでよか!-----!!』『ずーとゲームしとけ!-----』『ご飯もたべんでんよか!----』『塾も剣道もなんでん止めてずーとゲームしとけ!!------馬鹿が!!』  『DSを買ってやった俺が馬鹿やった。30分ち決めとったっちゃないと?そげんいい加減な人間ちゃおもわんやった。どげんおとうさんやお母さんが協力してもお前がそげな気持ちなら何もならんめーもん。いい加減にしとけ!馬鹿が出て行け』・・・・ずーと泣きっぱなしの侑ポン・・・・・・・ds

 

次の日~見違えるように立ち直りました。しかし、あえてDSは取り上げませんでした。また、おぼれるようなことがあればそれだけのことです。厄介なこのDS使いこなすのはソフトでなく、自分の精神です。裏を返せばDSに振り回されているといってもいいでしょう。馬鹿の脳死製造機でした。脳にダメージショックを与えるだけのものです。けじめと境目がなくなってきたときが脳死の状態です。持たせている親は今一度けじめと境目を確認しておきましょう。

ほんわか。

31ff22df.jpg
4304291d.jpg
ろうそくのあかりはほんわかしますね。

一足早いクリスマス気分です。

ろうそくはあるだけで暖かく感じます。

わらべ館もこのあかりで少し暖かい気がします。

でも今日のわらべ館は室内より外の方がぽかぽかしてていい感じです(笑)

どげん?こげん?そげん?4

こげん寒かと、どこさんでん行こごつなかとです。そりばってん、およびのかかるけん、出かけていくとばってん、今日はうれしかこつのあったつです。上陽町にも水車が今でも残っとっとです。2基だけですが、現役で商売してあっとです。そのうちん馬場さんの水車が修理が終わったげなけんですね、見に行ったっです。

suisya1

 

そしたら、これががばりでかかっです。工場中が振動して柱でん屋根でんゆれながら稼動しとっとです。見に行って驚きました。まるで機関車が動き出して、スピードにのるまでン、地響きにそっくりですたい。「家に上がらんの」というおっちゃんの言葉にあまえてこりゃまたびっくり、掘りごたつがあったつです。コタツぐらいじゃ俺でんびっくりせんばってんかですね、「掘りごたつやなかですか?」なんて私がうれしそうに言うたもんやけん、「ウチは炭ばい」とおっちゃんが一言。こりゃ効けました。。てっきり練炭やろ~ち思よったら、今でん炭ば使ってコタツばおこしょっちゃる家があるなんてうれしい限りです。この水車オヤジ「相当できるな」ちおもいました。

kotatu

文明に染まっていくこつは簡単かとです。古いものばすてていけばよかけんですね。しかし、このおっちゃんのように不便な炭をかたくなにつかうとなると、これはもう、こだわりとか通り越して生きた文化財というか価値感です。こういう人こそが田舎の、自然の、上陽町の、ゆっくりとした流れば深く見ることができるとです。それが宇宙の仕組みの歯車のひとつでもあっとやなかですかね。人間も謙虚さや、努力を忘れたときが危ないですね。つまずきの素は文明の利器?というか、文明の堕器というか、子どもは特に危なかとおもいます。どげん?ですか?お宅の子どもさんは?そげんいつまっでんゲームばっかりさせて真剣に勉強しよるもんに追いつくとおもよっとですか?

 

『どげんすっとですか?』

どげん?こげん?そげん?3

わたし「どげんしたとですか?」わざわざカメラの前に出て込んでもよかろうに。『さむかったい。こげんさむなるちゃおもわんやった』 ・・だいたい館長は寒がりですもんね?『ばーか!。さむがりじゃなかとぜ。寒さに敏感なだけたい。』 ・・

あっ!!!!あっちん山

 

!!『げげ!!!

 

雪ばい』

くるま霙のような霰のような雪が5分程ふりました。それから薄日が差してきました。

フロント硝子に残った残雪が証拠です。『こげんはよから雪が降るのは初めてんこつばい。いよいよ地球の浄化作用が動きはじめたったつばい。』 いっしょに浄化してもらうといいですね。!『ソーねー腹の周りの志望ばとってもらうとよかばってん』・・・・・???・・蒸発してもらうほうがいいですね。『串にさして売るか?』・・・・・・・大雪になってズっーと休みになるといいですね。